40歳転職の方法<最適な転職サイトとは?>

*

40歳が応募できる企業とは?

   

【40歳が応募できる企業の見極め術】
 年齢制限や応募条件などが枷になって40歳以上の転職は何かと厳しくなっていますね。

 やはり、企業としても、年配の転職者を部下として受け入れづらく、実際のところ40歳どころか、32歳位までで打ち切りたいと考えているところが多いようです。

 ただ、中にはスキルを持った人がいるのも事実で、企業としても年齢条件を厳しくして見逃してしまうのは避けたいので、ある程度、余裕を持った求人募集をされているというのが本音なのです。

 それだけ厳しい目で見られている40歳以上の求人ですが、当然、真剣に募集している企業はあります。

 では、40歳以上の転職者は、どのようにして応募可能な企業を見極めればいいのでしょうか?

 その見極め術を、ポイントとしてここに挙げておきます。

 ★ココがポイント
 ・転職エージェントを活用し、40歳以上を受け入れ可能かどうか確認する。
 ・志望先の企業の評判・口コミを聞いて40歳以上でも受け入れ可能かどうか確認する。
 ・求人募集で、自身の年齢を超えてゆとりをもった求人情報を出している企業。

 以上が、主な見極め術です。

 まず、あなたが抑えておきたいことは、対象の企業に40歳以上の転職者を受け入れる体制ができているかどうかです。

 40歳以上の社員が中心の企業なら受け入れ体制も万全で、40歳という年齢制限はないでしょう。

 その事を確認する手段として、転職エージェントやネット掲示板での口コミを確認するのは有効な手段です。

 特に転職エージェントは、企業の動きや社員の声など、普段知り得ない情報を網羅しているのですから、ぜひ活用しておきたいところですね。

 また、求人募集に具体的に〇〇歳までと応募条件されている企業は、真剣にその年代まで雇用を考えているところが多いので、あなたの年齢以上の年齢制限であれば、大いにチャンスはあります。

 ぜひ、これぞというところがあれば果敢にチャレンジしてみてくださいね。

【40歳を対象としていない求人表記とは?】
 40歳を対象としていない求人表記で目立っているのは、やはり年齢不問とやんわり表記されている求人といえるでしょう。

 実際のところ年齢不問の求人には、『求人募集するほど業績がいいですよ』とアピールするための、空求人(募集だけかけて実際には雇用しない見せかけの求人)というところも実に多いです。

 もちろん、それらを無視するのは数少ないチャンスしか無い高齢者の転職では、やってはいけないことですが、年齢不問を鵜呑みにすると大変なことになりかねませんので、注意して求人情報を確認しましょう。

 またブラック企業の様に万人を多く受け入れて、厳しい環境でも耐えられる人以外を切り落としていく企業も、この年齢不問で求人募集しているそうなので、リスクが高いことを覚悟しておくと良いでしょう。

 40歳の転職はかなりハードルが高いですが、絶対に不可能というわけではありませんので、あらゆる情報を駆使しながら、賢く転職を実現させてくださいね。

 - 求人情報

  関連記事

求人情報媒体の選び方

求人情報媒体にも違いがある  求人情報媒体にも、「転職サイト」「転職エージェント …

no image
40歳に適している求人媒体を活用

①40歳に適している求人媒体とは?  40歳でキャリアアップにつながる転職を果た …

no image
人脈を活用して転職活動

①人脈を活用した転職活動とは?  40代での転職活動は、20代30代とは違い、ま …

転職エージェントという選択

転職エージェントとは  転職エージェントは、正式名称を人材紹介会社といいます。本 …

転職サイトのスカウト機能を活用

転職サイトのスカウト機能とは  転職サイトのスカウト機能とは、自分の経歴をサイト …