40歳転職の方法<最適な転職サイトとは?>

*

途中入社の注意点

      2015/11/26

入社初日は印象アップを狙う

 40歳の中途採用の場合、ひとによっては管理職として配属されることもあるでしょう。そうした中途採用者に対し、経営陣は期待をかけていますが、すでにいる社員の中には、快く思わないひとがいるのも事実です。

 人間は、会って5分で初対面の相手への第一印象を決めると言われていますが、入社初日に印象を悪くすると、その後の社内の人間関係の構築に陰を落としかねません。

 社員と話ができる程度の好印象を残すためにも、清潔感のある身だしなみで、時間より早めに出社し、入社の挨拶も謙虚に短めにすることを意識して、話すようにしましょう。

入社後3カ月は観察者の立場で

 いくつであっても、転職したてのころは新入社員であるという意識を忘れるべきではありません。特に、会社が変われば業務分担も職責も、仕事を進めるうえでもルールもシステムも変わります。

 まずは、入社した企業のやり方に慣れ、確実に自分一人でできるようになりましょう。また、仕事で成果をあげるためには、周囲の協力を得る必要があります。

 入社後3カ月は、冷静に社員の観察を行い、誰が何を得意とし、仕事に対してどんな姿勢で臨んでいるのかを、きちんと見極めるようにしましょう。

【関連記事】
退社に伴う手続き
入社に伴う手続き
転職者は避けて通れない!?退職時の有給消化に問題はないのか

 - 退職・入社

  関連記事

転職者は避けて通れない!?退職時の有給消化に問題はないのか

会社の制度ではなく法律で決まっている制度  有給休暇は、例え退職時ではなくても、 …

入社に伴う手続き

内定承諾前の手続き  内定の連絡がきたときに、40歳の求職者に必ず行ってほしいこ …

退社に伴う手続き

退社が決まったら進める手続き  会社側と退社日の話し合いが済んだら、退社に備えて …