40歳転職の方法<最適な転職サイトとは?>

*

給料が上がるとは限らない?!

   

①転職で給料が上がるとは限らない?
 2014年度に入り、増税したにも関わらず、給料がアップにならないと、憤慨しているビジネスマンも多いことでしょう、中高年の転職市場が活況であることもあり、転職を考える40歳も増えているかもしれません。ですが、転職したら給料が上がるという保証はどこにもありません。
 
 これまで業界や職種で、ヘッドハンティングされるほどの実績を上げてきたならいざ知らず、40歳ともなれば、キャリアアップのための転職と年収アップが比例するとは限らない現実があります。
 というのも、業界や職種によって、給料の形態も業績回復で受ける恩恵も、まったく異なるからです。
 

 例えば、営業職やエンジニア職であれば、年齢や勤続年数、役職などによって、ある程度年収の予想ができます。それを上回る成果を上げる根拠があれば、給料アップの交渉もできないことはありません。
 

 ですが、いわゆる非生産部門と呼ばれる事務職や内勤職などの場合、自ら数字をあげることができない分、人件費を安く抑えられる傾向があります。職位をあげるなどの条件がなければ、転職しても給料があがらない可能性は十分にあるのです。
 
 
②転職で給料が上がらない人の特徴とは?
 そして、転職で給料が上がらない人には、共通の特徴があります。それは、自分のキャリアビジョンや転職の目的が曖昧なため、これまでのキャリアとそこで培ってきた強みが、仕事に反映されていないケースが多いということです。
 
 40歳の中途採用者に対しては、企業は個人だけでなく、組織のうえでもプラスの成果を求めるものですから、そうした根拠にかける人材に、先行投資をすることはありえません。
 
 自社の将来に役立つ人材であれば、多少、給料が高くなっても採用したいと考えますが、年齢を重ねているだけで、特筆するだけの実績やスキルがない場合は、会社を移るたびに、給料が下がっていくことになります。
 
 そうした事態に陥らないためには、自分にしっかり価値づけできるように、常に誠意をもって仕事をし、自他ともに認められる実績をきちんとあげることしかありません。また、組織運営に不可欠なヒューマンスキルを磨くことも、転職には大事なポイントです。
 
 いざというときに困らないように、キャリアを積むことを意識しながら、仕事をするようにしてください。

 - 転職で覚悟すべきこと

  関連記事

転職活動の流れとは

転職活動前に必要なプロセス  転職活動を始める前にも、済ませておくべきプロセスが …

転職活動は計画をたててから

まず目的を決める  40歳で転職を考えたときに、まずすべきことは、自分なりの目的 …

体調管理はとても簡単?40歳でも無理せずできる健康になれる方法

日々喜びを感じる努力を  喜び、感じていますか?転職しようと思っている最中、なか …

自己分析は徹底して行う

自己分析が重要な理由  自己分析は本来、自分が生きていくときに、大切にしている価 …

af9920062359l[1]
好条件や高待遇は鵜呑みにしても良い?

【好条件や高待遇は鵜呑みにしてはいけない?】  転職活動されている40代のみなさ …