40歳転職の方法<最適な転職サイトとは?>

*

履歴書と職務経歴書の違いとは?

   

履歴書と職務経歴書はどちらが重視される?

 40歳で転職活動を始めるときに、避けて通れないのが、応募書類の作成です。面接を受けるためには、履歴書と職務経歴書を提出し、まず応募者であるあなたに興味を持ってもらう必要があります。では、履歴書と職務経歴書では、どちらが重視されると思いますか?それは、職務経歴書です。

 履歴書と職務経歴書の違いについては次章で後述しますが、この応募書類に興味を持ってもらえない限り、40歳の応募者は面接まで駒を進めることはできません。説得力のある職務経歴書を作成するためには、キャリアの棚卸しと徹底した自己分析が必要です。きちんと自分のキャリアと市場価値を把握することが、説得力のある職務経歴書を作成することにつながりますので、きちんと行うようにしてください。

 とはいっても、手書きが基本の履歴書の書き方が雑だったり、志望動機が応募企業に適した内容でなければ、精魂込めて作成した職務経歴書を読んでもらうことはできません。誠意をもって、応募書類を準備するようにしましょう。

履歴書と職務経歴書の違いとは?

 では、履歴書を職務経歴書の違いについて、説明しましょう。履歴書は自己紹介を行うために、職務経歴書はこれまでの職歴とそこで培ったスキルを伝えるために、提出する書類です。そのため、履歴書は各項目への記入も最小限に抑え、詳しくは面接で説明するくらいの気持ちで書けばよいでしょう。

 ただし、志望動機だけは、応募企業に合わせ、自分のこれまでのキャリアやノウハウをどう活かせると考えているかも含めて、しっかり熱意を伝えるようにしましょう。一方の職務経歴書は、企業が募集している求人内容にあった、過去の実績や専門スキルを具体的に紹介することがポイントになります。

 40歳ともなれば、管理職やプロジェクトリーダーの経験があるひとも多いでしょうから、組織であげた成果に関しても記載し、そこで担った役割や工夫点を書き添えることで、マネジメントスキルやリーダーシップをアピールするのも一つの方法です。ビジネスマナーができていることを証明するためにも、履歴書や職務経歴書、添え状などのサイズも揃え、読みやすさを考えて作成しましょう。

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

印象に残る履歴書の書き方

  履歴書が果たす役割  履歴書は、応募者の基本情報を伝えるためにあるので、書式 …

af9920042251l[1]
職務経歴書に記載すべき項目とは?

職務経歴書に記載すべき項目とは?  40歳で転職するにあたり、職務経歴書はとても …

印象に残る職務経歴書の書き方

職務経歴書が果たす役割  職務経歴書は、応募者の過去の経歴、現在持つスキルとノウ …

af0100003669l[1]
より魅力的に見せるためには?

より魅力的に見せるためのポイントとは  転職活動を有利に進めるためには、男女とも …

履歴書と職務経歴書の悩み解消法

履歴書と職務経歴書を書く前に  履歴書と職務経歴書は、基本の書き方ができていてこ …