40歳転職の方法<最適な転職サイトとは?>

*

好条件や高待遇は鵜呑みにしても良い?

   

【好条件や高待遇は鵜呑みにしてはいけない?】
 転職活動されている40代のみなさんにとって転職先に求めるのは好条件や高待遇でしょうか?それともやりたい仕事が出来る事でしょうか?
 
 いずれにしても、前会社の不満や不遇を解消させることが出来ず、最後の手段として転職を決意されたのだと思います。

 そこまでの決意をして転職へ踏み切っているのですから、間違っても好条件や高待遇を鵜呑みにすることだけはやめて欲しいものです。

 なぜなら、好条件や高待遇の大半は誇張された話であるからです。

 転職活動されているみなさんは、少しでも印象を良くするために履歴書や面接で自己PRされていますよね。

 その際に、少しでも採用担当者に好印象を持って貰うように若干誇張する部分があったりしますよね。

 企業も全く同じで、より良い人に応募してもらうために求人情報を若干誇張して記載しているのです。

 もちろん全くの嘘というわけではありませんが、重役クラスの待遇を、さも転職したての新人社員の労働条件に当てはめて好条件・高待遇というふうな誇張した表現として求人募集をかけているところもあるようですし、鵜呑みにして転職を決めてしまうと取り返しがつかなくなってしまうのです。

 40代の転職ともなると生活を支えていかないといけないという責任感も出ていることでしょうし、少しでも好条件・高待遇を求めたくなる気持ちは痛いほど分かりますが、転職を失敗させないためにも、多少の不遇は覚悟するようにして転職してください。

間違っても、好条件・高待遇を鵜呑みにすることだけはやめておきましょうね。

【好条件や高待遇を鵜呑みにして失敗した人の例】
 40歳で転職へ踏み切る方をみると、希望通りの転職を実現させ成功させている方と、話が違ったと転職が失敗に終わる方をよく見かけます。

 特に失敗したと感じてしまう転職者の大半が、求人情報の好条件・高待遇に惹かれて転職を決めている方でした。

 では、具体的に好条件・高待遇を鵜呑みにして失敗してしまう人によく見られるパターンをいくつか挙げていきます。

 ★ココがポイント
 ・好条件や高待遇ばかり持ち上げ話が違うと転職を繰り返してしまう。
 ・求人情報と話が違うと不満が募り、関係性が悪化し仕事に支障が出る。
 ・信頼関係に亀裂が出来てしまい、最悪、会社で孤立してしまう。

 やはり、好条件や高待遇を鵜呑みにして入社してしまうと、現実とのギャップが大きすぎて話が違うということになり、最悪人間関係を悪化させるという最悪の事態に陥ってしまうことがあるようです。

人間関係にまで影響してしまうと、仕事にも支障をもたらし、本来やりたい仕事に就くことが出来ず、再び転職活動へ舞い戻ってしまうなんてことも十分考えられます。

 実際にそのような悲劇に見舞われてしまった方もいらっしゃるそうですし、40代でそんな悲劇に見舞われたら後で取り返しがつかなくなります。

 くれぐれも好条件・高待遇を鵜呑みにせずに、多少のことは覚悟しながら、やりたい仕事が何かを再優先にして、転職活動してみてくださいね。

 - 転職で覚悟すべきこと

  関連記事

転職活動は計画をたててから

まず目的を決める  40歳で転職を考えたときに、まずすべきことは、自分なりの目的 …

自己分析は徹底して行う

自己分析が重要な理由  自己分析は本来、自分が生きていくときに、大切にしている価 …

体調管理はとても簡単?40歳でも無理せずできる健康になれる方法

日々喜びを感じる努力を  喜び、感じていますか?転職しようと思っている最中、なか …

転職活動の流れとは

転職活動前に必要なプロセス  転職活動を始める前にも、済ませておくべきプロセスが …

af9920045341l[1]
給料が上がるとは限らない?!

①転職で給料が上がるとは限らない?  2014年度に入り、増税したにも関わらず、 …